top of page

新たな気づきを与えるレコメンド

〜 商品を欲しいと思わせるコツ


これまで弊社では、500サイトに及ぶEC顧客体験診断を実施しており、レコメンドを実施しているECサイトは非常に多いが、レコメンドのバリエーションが少なく1-2種類程度がほとんどである。しかし、アパレル業界は、何種類もの工夫されたレコメンドがあり、楽しく新たな気づきを提供してくれるECサイトが非樹に多く、是非参考にして頂きたい。




定番レコメンド

(1)Aを見た人はBも閲覧してます

(2)Aを購入した人はBも購入してます

(3)最近チェックした商品 (最近閲覧した商品)

(4)最近購入した商品


(1)と(2)は、レコメンドエンジンのロジックや精度により成果がかなり変わってくるが、(3)と(4)は、地味ではあるが、割とチェックしたいシーンが多く、手堅い定番施策である。なお(4)は再購入ボタンを設置し、リピート購入を促進させたい。



ひと工夫したレコメンド

(1) カテゴリー別レコメンド

(2) 再入荷商品       

(3) セール商品    

(4) 在庫僅少商品


ひと工夫したレコメンドが出来ているECサイトは非常に少ないが、ユーザーには購入への一押しとなりえる。但し、より効果的なレコメンドにするために、注意すべきポイントがある。(1)は、商品詳細ページにて同カテゴリー商品として紹介したい。(2)〜(4)は、ユーザーのお気に入り登録商品に対して、動的にパーソナライズ表示されると更に効果的である。パーソナライズ表示するには、 MA(マーケティングオートメーション)の導入は不可欠となり、ユーザーは自分の欲しい商品が、「再入荷」「値下げ」「在庫僅少」の際、その場で直ぐに購入したい心理となる。そのタイミングを狙い、購入させるために、レコメンドを自動配信することが、MAの利点のひとつである。



楽しめるレコメンド

(1)スタイリング(スタッフが試着して商品をレコメンド紹介)

(2)急上昇ランキング(購入軸)

(3)急上昇ランキング(閲覧軸)

(4)オーダーライン > 今、この商品が売れました!

(5)人気ないアイテム > 掘り出しもの!


(1)はアパレル業界でよく見られる施策で、スタイリング専用の管理ツールも登場している。(2)〜(4)は、ショップのリアルタイムな状況が分かり、新たな気づきを与える瞬間もある。(5)は、なかなか売れない商品でも楽しめるレコメンド表現で売り切る施策となる。



このようにレコメンドは種類も豊富にあり、できるだけ多くのレコメンドにチャレンジして頂き、貴社の商材と相性の良い、売上に貢献するレコメンドを是非発見して頂きたい。

閲覧数:64回

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page