top of page

意外と忘れられている決済機能

CVRに大きく影響する重要な機能


ECの決済機能は、CVR(購入率)に大きく影響することを、多くのEC担当者は分かっていると思うが、意外と機能強化されず、忘れられている状況である。メガストアーや最近リニューアルしたサイトではEC定番の決済機能を多く確認できるが、未だ改善すべきECサイトが非常に多いため、以下に紹介していく。



クレジット/代引き/銀行振込

スタンダードな決済となり、ほとんどのECサイトで見かけられる基本的な決済。代引きはシニア層の利用がメインで、若年層は宅配ボックスや置き配の普及により縮小傾向にあり。



後払い

ZOZOTOWNのツケ払いは有名だが、NP社やGMO社の提供する後払い決済も近年よく見かけるようになった。コンビニ、銀行、郵便局など支払える金融機関も多く、ユーザーには利便性が高く、後払いできる安心感も大きい。但し、手数料が少々高いため、ユーザー負担(全額または一部負担)とするEC事業者も多い。



Amazon Pay

今や誰もがAmazonアカウントを持っており、Amazon Payを導入すると、3〜5割の新規顧客が利用しCVR改善するケース(弊社支援実績)も多く、今やECだけでなく幅広いサービスで定番の決済である。Amazon Payは、提供開始から5年経過し、既に1万社が導入しており、凄まじい勢いで普及している。決済情報をAmazon以外に知られないユーザーの安心感は非常に大きい。広告LPでは「3クリック15秒で決済完了」と大きくアピールする広告主も多い。 また、初回訪問ユーザーや会員登録ユーザーへAmazon PayをPush通知すると、CVRが更に大きく改善されるケースもある。


近年、世界中で不正取引対策が話題となっているが、Amazonと同等のセキュリティー対策を取れるため、EC運用側も大きな安心を得られる。初期コストが不要のため(販売手数料は有り) 、未導入ECサイトは是非ご検討頂きたい。



楽天ペイ

Amazon Payほどの効果は期待できないが、ECとの親和性は高く、楽天ポイントも付与され、ユーザーにはお得な決済である。楽天ポイントに熱心なユーザーは一定数いるので、できれば備えておきたい決済である。



PayPay/LINE PAY

キャッシュレス・ポイント還元制度の実施もあり、 2020年秋以降電子決済の導入がEC事業者でも急速に進み、ECシステム各社では既に導入完了している所も多く、EC事業者の導入も徐々に進んでいる状況。



オススメとしては、基本的な決済である「クレジット」を先ずはおさえ、「Amazon Pay」「後払い」は最低限導入したい。「代引き」「銀行振込」は縮小傾向にあるが、未だシニア利用が多いため、シニア層の顧客が多いサイトであれば、おさえておくべきである。


言うまでもないが、決済手続きまでのUI&UXが使いやすいECサイトでなければ、どんなに優れた決済機能を導入しても、導入効果は期待できないケースもあるので注意したい。

閲覧数:38回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page